2013年01月29日

マスクの効果

2013年01月23日放送の『ためしてガッテン』
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20130123.html

2009年10月号 [インタビュー]『外岡立人氏』
http://facta.co.jp/article/200910044002.html

外岡氏は接触感染(自分の手で顔を触る)時のマスクの予防効果には言及していないので、片手落ちの議論ですね。

しかし結局の所、人は自分にとって都合の良い方の主張を支持するもので。
マスクなんて面倒臭いという人は外岡氏の主張を振りかざし、マスクをしない人を不衛生・無精だと感じる人はガッテンの主張を根拠にねじ伏せようとするでしょう。

posted by 管理人 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年08月18日

いつまでも、汗を忘れない。



夢だった
どうしても叶えたかった
大人になったら間に合わないと思った

失敗は怖くない
怖いのは諦めてしまうこと

STILL SIXTEEN
ポカリ スエット


今でも忘れられないCM。
森君のライディングと、BGMの疾走感のハイレベルなマッチング。
約束された将来よりも、不確定の未来を選んだその生き様が、僅か30秒で見事に表現されている。
当時1998年。本当に素晴らしい作品でした。
posted by 管理人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年07月22日

裁判官の保険

「まれにみる悪逆…」女児乱暴の男 懲役20年

記事を読めば、なるほど犯人による鬼畜の所業。
さすがは裁判官、よくぞ言った・・・と思いきや、求刑25年よりも5年削ってるじゃないの。

「まれにみる悪逆」とか本気で思ってるのか実に疑わしい。
威勢のいいこと言いながら、結局は恒例の8掛け通りにやってるし。

凶悪事件で「酌量の余地無し(キリッ」とか判決文でバッサリ切り捨てて、「オオッ!」と期待したら無期懲役だったり。
求刑超えどころか、求刑通りすら出来ないなら、判決文で恰好つけないでほしいね。
裁判官に求めてるのはそんなことじゃないし、遺族だって「量刑は軽いけど、裁判官が厳しいこと言ってくれたからまぁいいや」とはならんでしょ。
posted by 管理人 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年10月19日

マスクをするのは相手に対して失礼という発想

2009年のインフルエンザ騒動で、元々マスク文化が根付いていた日本でもその流れがさらに加速した。
今ではマスクは「予防」よりも、周囲に撒き散らさないための「エチケット」という認識が概ね定着したように感じる。

それでも体調不良でゲホゲホやっているのに、頑としてマスクをしない人は依然として多い。
皆さんの職場でも少なからずそういう人はいるだろう。
で、結局健康な人の方が、大して効果は無いと知りつつも予防でマスクをするハメになる。

「なぜこの人達はマスクをしないのだろう?」と不思議に思っていたのだが、
どうやらビジネスマナーの中に「マスクをしての応対は相手に失礼」なるものがあるようだ。
だから割と年配の人ほどマスクをしないような印象を受ける。

ただもう時代は変わり、前述のように「マスク=予防」から、「マスク=エチケット」となった今となっては、むしろ病気なのにしない人の方が常識外れと受け止められても仕方がない。
くれぐれもご注意されたし。
posted by 管理人 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年09月29日

タバコの煙

我が家の隣はアパートで、そこの住人に最近子供が産まれた。
そのためオヤジがベランダからタバコの煙を吐き出すようになり、
おかげで風に乗って我が家にタバコの臭いが入るようになった。

喫煙者は自分の吐いたタバコの臭いが
どれほど遠くまで漂って行くか想像したことも無いだろう。
きっと白い煙が拡散する範囲までだと考えているんじゃないかな。

だから自分がどれだけ周りの人間に迷惑をかけて
知らない間に大勢の人から嫌われていることにまるで気付いていない。

だってこんなご時世にまだタバコ吸ってるDQNと係わりたくないからね。
とても恐ろしくて指摘できないよ。
ネットで嫌煙家が暴れてるのも、やはり面と向かって言えないからだと思う。

喫煙者の中でも、新生児の健康を考えられる人だったら
その気遣いをほんの少し周囲の人にも分けてあげて下さい。
posted by 管理人 at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年08月31日

フジTV番組の見直し

高岡さんのツイッターから火が付いた「フジテレビの韓国押し騒動」。
ほとんどの芸人達は、ナイナイ岡村さんを始めとして「嫌なら見るな」と強気の姿勢だ。

しかしそれもそうかと思い、今まで惰性で見ていたフジの番組を一度見直してみた。

◆月曜日:なし
月曜日はそもそもフジの番組を見ていなかった。
かつてはHEY×3を見ていたが、懐メロ路線に走って見なくなった。
おかげでその後のK-POP押しを見ずに済んだので結果オーライ。

◆火曜日:なし
火曜日も見てなかった。

◆水曜日:はねトびホンマでっかTVベストハウス123
水曜日はフジの日。しかしこの日こそ惰性そのものだった。
コントはおろか体も張らなくなった「はねトび」に、
そろそろ新鮮味もなくなり胡散臭さばかりが漂う「ホンマでっか」、
したり顔の脱税王・茂木が不愉快な「ベストハウス」。
こうして考えると、なぜチャンネル合わせてたのか不思議なくらい。
よって、全部カット。

◆木曜日:みなさんのおかげ
食わず嫌いのゲスト次第なので、たま〜にし見ない。
だから別にもう見なくてもいいだろう。
よって、カット。

◆金曜日:○○な話
この番組もテーマ次第。よだれ、好きな物なんて見れたもんじゃない。
許せない、決めて欲しいはまだ面白いので、とりあえず保留。

◆土曜日:めちゃイケピカル
めちゃイケもよく考えたら、とっくに面白くなかった。よって、カット。
ピカルは今一番ハマっているので継続。
ただし「テブラーシカ」なんつーゴールデン用の手抜き企画をもうやっているのが気掛かり。

◆日曜日:アカン警察F1
アカン警察は素人企画だらけになってもう苦しい。よって、1〜2ヶ月だけ保留。
F1は外せない、ワケでもない。総集編すらやらない地上波はヒドい。
有料に切り替えるべきだと思う。とりあえずは保留。


整理した結果
見る:ピカル
保留:○○な話、F1

かなりラクになった。よく考えたらこんなモン。
惰性で見てても意味ないし、今回の騒動はいい機会になった。
posted by 管理人 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年08月21日

江〜姫たちの戦国〜

江「えっ?」
江「は?」
江「えっ?」
江「はぁ?」
江「え?」
家康「え? ではない。」
江「えっ?」
江「いやです!」
江「えっ?」

                                         糸冬
                                      ---------------
                                      制作・著作 NHK
posted by 管理人 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年05月29日

大日本アカン警察がもうネタ切れな件

今夜の放送で、ゴールデン進出前からやっていた
しょーもないネタを大げさに取り上げるというテーマで
勝負していたのはバカリズムだけだった。

それ以外は単なる素人VTRネタ。
確かにこれならヤラセを含めて無尽蔵にネタを作り出せるけど
決定的に面白くないんだよね。

1コーナーだけならそれもアリかと思うけど
こんなのがメインになったらもう終わりでしょ。
posted by 管理人 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年05月21日

DT松本さんの自殺についての見解

こんな時期だけに、再注目されているようです。
放送時期は2006年と2008年。
自殺に対する見解はさておき、マスコミ報道のあり方については概ね同意。

しかしそれよりも、高須さんとの会話がまるで噛み合っていない方が気になって。
特にチューリップ事件のくだりがヒドすぎる。
松本さんの言ってることを全然理解できてないですね。


posted by 管理人 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年05月02日

これが現実

ハードディスクに撮り溜めた昔の番組を見ていた。
2009年10月頃の「わかるテレビ」に、池上彰が特別講師として
民主党政権になって何が変わるのかを解説していた。

そこでは結構なバラ色の未来が解説されていて、
厳しい現実を知った今と比べると余りにも悲しすぎる。

収録時点では政権交代から1ヵ月程度経過した時点だったので、
さすがの池上氏でもここまでは見通せなかったか。

もっとも以前に、首相の夕食というテーマで
麻生を意図的に貶め、菅を意図的に持ち上げた池上氏だけに勘繰りたくもなるが。

それだけにその引き際は鮮やかという他に無い。
posted by 管理人 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月05日

カンニング騒動

ようやく容疑者が逮捕され、手口も明らかになってきた。
それにつれて識者の意見も色々と出揃ってきた。

気になったのは水谷修氏の主張で、
・予備校生も反省しているだろうから、もう許してやれ
・そもそもカンニング行為を見逃したのは試験官のミス
・犯罪者にしてしまったのはやりすぎ、若者には未来がある
と、概ねこんな感じの内容。

一読して失笑したが、どうもブログを見ていると
この意見に賛同する人も少なくないようだ。
京大に抗議のメールもそれなりに来ているらしい。

私は大学受験の勉強はサボったクチだが、
社会人になってから資格試験の勉強で苦労させられた。
若い時のツケが回ってきたのだから、それは仕方ないけどね。

とにかくマジメにやってる人間がバカを見るような社会になったらお終いってこと。
それが所詮タテマエの話であったとしても、絶対にそれは守らなきゃいけない。
だからルールを破って卑怯卑劣な手を使った人間は、厳しく罰する必要があるわけ。

本来そういうのは親の仕事なんだけど、
子どもをまともに育てられない親が急増している以上、司法で一罰百戒を行うしかない。
イヤな話だけど、子供は純粋無垢で、大人も大半の人は善良だという前提で
物事を運用すること自体がもう破綻してるんだよ。

ちなみに今回の予備校生はどうせ不起訴処分になるし、
仮に前科者になったとしても、収監されるわけではなし、
顔も実名も一切公表されないので、すぐにやり直しはできる。
今度はマジメに勉強すればいいだけの話。
だから夜回り先生がしょーもない擁護をする必要は何も無い。

予備校生がこの一件でトラウマを抱えて一生立ち直れなくなったらどうするって?

・・・まだ続ける? もういいよね。
posted by 管理人 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年02月28日

子ども手当廃止論議

法案が通らなければ子ども手当が早くも廃止になるという話。
廃止になってもゼロじゃなく、元の児童手当に戻るだけだが、
既に年少の扶養控除が廃止になっているため
「増税だ!」「損するだろ!」と支給対象者が怒っている模様。

そりゃそうなんだけど、その前に去年の4月〜12月分は貰い得だったろうに。
得してたことを黙ってるのはフェアじゃないね。
自分が支給対象外の人間だからか、ちょっと冷めた目で見てます。
まぁ早くやめればいいんだよ、現ナマを配るなんて浅ましい制度は。
posted by 管理人 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年02月05日

ボスの新CM

『市民のぜいたく』篇
出演:大森南朋、テリー伊藤、カンニング竹山

このご時世に、よくこんな民主党擁護のCMが作れたもんだと。

「色んなことがこんがらがってこうなっているんだから、今すぐはムリだ!
改革すればしたで、それを批判するくせに。ぜいたく言うな!」

見事に的を外したセリフを大森に言わせているが、
製作者はきっと「決まった!」とご満悦なんだろうね。

でも民主党の議員は泣いて喜んでると思うよ。
いや、もしかしてサントリーって・・・
と勘繰りたくなるほど不愉快なCMでした。
posted by 管理人 at 12:49| Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2010年12月15日

amazonの分割発送

一括配送を指定したにも係わらず、お客様のためにうんたらかんたらと
完全にウソの言い訳をして、勝手に分割発送に切り替えるという件。

この行為に相当まいっている人はかなりいるようで、私もその一人。
受け取りの作業が非常に煩わしく、やめて欲しいとメールもしました。
しかし返答の文面は丁寧であったものの、要するにその内容は
「こっちのやりたいようにやらせてもらう。テメェの要望は却下だ。」
といったものでした。

それ以降はローソン受け取りに切り替えました。
これで勝手分割されても全部揃ってから足を運べばいいわけで。

それからかなり経ちますが、まだこのクソみたいなシステムはそのままらしく、
つい先日もDVD-Rを2個注文したら、まず1個を勝手分割で発送し、
その4秒後に2個目を発送するというマヌケなことをやっています。
大口の取引先だけに、佐川急便もいい加減にしろとキレられないんでしょうね。

それにしても本当にマヌケなシステムですが、
真のバカはこの狂ったシステムを修正しない行為の方。
posted by 管理人 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年09月14日

代表選ごっこは楽しかったか?

自民党の代表選は、いつも連日メディアに取り上げられて
一方自分達の扱いはハナクソみたいなもんだったよな。
今回は念願のド派手な扱いでさぞ嬉しかったろうに。
国民の皆さんが与党にしてくれたおかげで、
たくさん思い出作りが出来るから本当に良かったな。
posted by 管理人 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年03月01日

バンクーバー閉幕

地上波組なので、全ての競技をチェックできないため、毎回NHKの総集編を楽しみにしています。
ただ90分は少なすぎるし、放送も早過ぎる。閉会式と同日とかね。
別に一週間後でもいいから、キッチリ内容を詰めて欲しい。
世間が忘れた頃でも一向に構わないから、内容の濃い物を望みたい。

ただでさえ少ない時間なのに、ロシアに渡った川口選手の特集を組んだのも疑問。
他に日本人の出場した種目もあるのに、ダイジェストか完全無視。
また、もっと他にも取り上げて欲しい海外の有名選手もいっぱい居るのに。

問題の女子フィギュアはいかにもNHKらしい編集だった。
ソルトレイクの総集編でも、誤審・北米贔屓問題には一切触れなかったしね。
浅田選手がフリーのジャンプでミスって一番ホッとしたのは日本のマスコミだよ。
これで浅田選手の銀メダルの理由が出来た!ってね。

総括するとヒドい総集編でした。
だから慌てて作るとこうなるんだよ。
posted by 管理人 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年02月14日

バンクーバー開幕

日本のメディアと企業が総出になってプッシュした上村愛子が4位に終わった。
でもメダルを獲った上位3人の滑りと比べると、素人目にも格の違いが分かる納得の結果。

ただモーグルがスピード重視になったのもツマランなぁと。
だったらエアなんて必要ないし、現に上位選手は派手なエアなんてやらなかった。

ノーマルヒルはミラクルボディで特集の組まれたアマンが金。
でもアマンが小柄(172cm)で活躍しているからって、身長が有利不利に関係ないわけじゃないと思う。

ところで気になったのは、惨敗に終わった日本選手の雰囲気。
そんなにショックを受けた風でも、悔しがる風でもなく、次のラージヒルでは・・・と淡々とした様子だった。
日本の位置付けでは、ノーマルヒルってのは、ラージヒルの前座にすぎないのだろうか。
posted by 管理人 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年10月09日

日本郵政

某ネットバンクの口座を開設しようと「本人限定受取郵便」の手続きを取った。
ところが宛先不明で、ウチに届く前にネットバンクに返送されるというトラブル。
まずはそのネットバンクに事情説明を求めた所、どうやらウチに配達する管轄の郵便局員が、そんな住所ねーよとネットバンクに返送してしまったようだ。

で、次は管轄の郵便局に説明を求めると、担当者がいないので詳しくは分からないが、確かに自分の所で返送処理をしてしまったと認めた。
そこで初めて、そんなコトでは困るとクレームをつけると、二度とこのような事がないようにすると郵便局側が謝罪。
とりあえずはカタが付いたと思った。

ところがしばらくすると、郵便局から電話が。
配達の担当者に聞いた所、住所の番地の下一桁が無かったので、配達できなかったとの説明。
要するに「オメーが自分の住所を間違えたんじゃねーの?」と、わざわざ疑いの電話をかけてきたというわけ。

これには驚いた。
こっちはネットバンク側にウラを取ってあるので、そんな事はありえないのだが、まず自分の所の従業員の言い分をあっさり信じて、すぐにこちらへ疑いをかけてくるというその神経が恐ろしい。
サービス業では絶対にありえない対応だ。

一事が万事。
日本郵政が民間のサービス業として再出発するのは相当厳しいと感じた。
やはり長年染み付いた体質というのはそうそう簡単に変わるものではない。

亀井大臣の頑張りで、早く公務員の身分に戻してもらえるといいですね。
posted by 管理人 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年05月01日

新型インフルエンザ

大騒ぎですね。
対処法としては
・手洗い
・うがい
・咳が出る時はマスク着用

んなこと普段からやっとけよ・・・。
と、病弱の私は思うわけです。
みんな健康・元気なんだよね。
posted by 管理人 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2009年03月22日

ロンドンハーツ

HDレコーダーの録画を整理していたら、2008年6月3日放映分の『ロンドンハーツ』の「オシャレゲート」に中越典子が出演していた。
前々から中越好きを公表していただけあって、淳のテンションは明らかに違っていた。
恐らく彼の要望でブッキングされたんだろうが、この時は間違いなく初対面のやり取りだった。

で、その後写真集にスッパ抜かれて破局してしまうわけだが、当時の放送を見ていると、「こっからそこまで持って行ったのか」と感心する。

数々の女性と浮名を流す淳に対して、女性陣はまず相当の警戒心を抱くはず。
そこから「この人なら信頼できる」という所まで持っていく彼の豪腕は、やはりハンパなものではないと思う。
posted by 管理人 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他