2007年10月14日

中国GP

いい感じに不安定な天候だったので、かなり楽しめました。
その結果、最終戦がもの凄いことに。
ハミルトン、アロンソ、ライコネンの三つ巴となり、クソつまらんシーズンでしたが、最後の最後で面白くなりました。

しかし実際の所、王座の可能性はハミルトン70%、アロンソ25%、ライコネン5%ぐらいでしょうか。
それでも中嶋一貴のデビュー戦ということもあり、絶対に見逃せない一戦。
舞台がアメリカ大陸ということで、時差が相当キツいですが。
posted by 管理人 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5886153
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック