2007年09月22日

ベルギーGP

本来なら全サーキット中ナンバーワンの面白さのスパですが、今回は4強が予選の順位そのままゴールという眠たい展開でした。
天候が安定していたせいもありますが、一年で最も楽しみにしていたGPだけに相当ガックリきました。

来季のアロンソの去就がにわかに騒がしくなってきました。
とはいえマクラーレンを出ても、ルノーぐらいしかないのが実情。
そのルノーでもチームメイトとなるコバライネンはブリアトーレの子飼いなので、かつてのフィジケラの時のように露骨な優遇は期待できない。
下手すれば、コバライネンの商品価値を高めるためにアロンソが当て馬にされる恐れもあります。

結局の所、アロンソにとってベターなのは、フェラーリに移籍して、以前のシューマッハのようにナンバーワン契約を結ぶことかも知れません。
posted by 管理人 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5549182
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック