2012年01月29日

2011年総括 マクラーレン

【チーム】
トータルバランスは優れていたが、一発の速さではレッドブルに数歩及ばなかった。
2012年も食い下がるだろうが、上回れるかは疑問。
ドライバーの面子は3強の中でもトップだけに、後はマシンの仕上がりなのだが。

【バトン】
対チームメイト無敗を誇っていたハミルトンを遂に倒した。
昨年以上に評価を上げてまさに今がキャリア絶頂期。
ここ1、2年が王座奪回には絶好の機会だろうが、いかんせんベッテルが強すぎる。
2012年もハミルトンを決勝成績で上回ることが当面の目標。

【ハミルトン】
王座奪回どころか、まさかのバトンに敗北。
ここ数年収まっていた批判も噴出して厳しいシーズンとなった。
ただ純粋な速さでは相変わらずバトンを圧倒しているので、後はそのアドバンテージを決勝につなげたい所。
2011年の屈辱を糧と出来たかどうかが問われるシーズン。
posted by 管理人 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53355011
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック