2007年08月06日

ハンガリーGP

レース自体は例年通りこれ以上なくつまらないもので、なぜいつまでもこのGPがなくならないのかが疑問。

しかし王座争いが激しさを増して、いよいよ場外が騒がしくなってきた。
予選でアロンソがなかなかピットアウトをしなかったため、ハミルトンが最後のアタックに間に合わず、ポールを獲れなかったということで、物議を醸した。

この一件を聞いた時、「とうとうアロンソもやりおったわ」と感じ、「まさかあのアロンソが!」などとは夢にも思わなかった。
スチュワードも即座にアロンソにグリッド降格のペナルティーを与えた。
さらに今GPのマクラーレンのコンストラクタースポイントの剥奪というオマケ付き。

が、どうやら本当の事情は異なるらしい。
先にチーム命令を無視したのはハミルトンの方で、そのあおりを食らったのがアロンソというのが実情のようだ。
つまりアロンソはチームの命令でピットアウトを遅らせていたということ。

すっかり悪童のイメージが定着しているアロンソだが、今回はとんだとばっちり。
逆に優等生で通ってきたハミルトンが、その仮面の奥の素顔を見せ始めたのは興味深い。

両雄並び立たず。マクラーレンの場外乱闘に注目です。
posted by 管理人 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4933938
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック