2011年10月19日

マスクをするのは相手に対して失礼という発想

2009年のインフルエンザ騒動で、元々マスク文化が根付いていた日本でもその流れがさらに加速した。
今ではマスクは「予防」よりも、周囲に撒き散らさないための「エチケット」という認識が概ね定着したように感じる。

それでも体調不良でゲホゲホやっているのに、頑としてマスクをしない人は依然として多い。
皆さんの職場でも少なからずそういう人はいるだろう。
で、結局健康な人の方が、大して効果は無いと知りつつも予防でマスクをするハメになる。

「なぜこの人達はマスクをしないのだろう?」と不思議に思っていたのだが、
どうやらビジネスマナーの中に「マスクをしての応対は相手に失礼」なるものがあるようだ。
だから割と年配の人ほどマスクをしないような印象を受ける。

ただもう時代は変わり、前述のように「マスク=予防」から、「マスク=エチケット」となった今となっては、むしろ病気なのにしない人の方が常識外れと受け止められても仕方がない。
くれぐれもご注意されたし。
posted by 管理人 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48974174
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック