2007年07月31日

選挙を終えて

参院大敗を受けて、衆院を解散するのはいつかと評論家達が持論を繰り広げています。
その時期は来年3月であるとか、あるいは本年末とか。

ただ年内の解散は公明党が反対するので無いだろうと見られています。
その理由として、集票マシンたる学会員が統一地方選と参院選で疲弊しきっているからだとか。

勘弁して欲しいですね。
本当に疲弊しているのは、選挙のたびに学会員にまとわりつかれる有権者の方ですよ。
posted by 管理人 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4876069
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック