2007年07月09日

イギリスGP

スーパールーキー・ハミルトンの地元ということで、PPもゲット。
こりゃあお膳立てが整っているのかな? と思いきや、前戦に引き続いてライコネンが優勝。
主役のハミルトンは3位に終わったものの、開幕戦(デビュー戦)以来の連続表彰台は継続中。

マクラーレン時代はマシンの信頼性に泣いてきたライコネンだが、フェラーリに来てもトラブルに泣かされる場面がチラホラ。
マッサにも抜かれてすっかりクサっているのかと思ってたけど、ここにきて急浮上。
マシンさえ壊れなきゃこんなモンよ、といった所か。

総合ポイントでもいよいよアロンソを射程内に捉えたが、依然としてハミルトンは圧倒的優位にある。
posted by 管理人 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4653078
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック