2010年12月25日

2010総括 メルセデス

【チーム】
引退したシューマッハを呼び戻し、鳴り物入りでF1界に復帰。
開幕前は4強の1角に数えられていたが、
蓋を開けてみれば3強との差はかなり大きく、
セカンドグループでルノーと競うのが精一杯だった。

また世界不況の時期のモータースポーツ活動ということで、
株主等の利害関係者からの風当たりも強く、
果たして今後も安定したチーム運営ができるのかどうかすら不透明。

そのためには一刻も早く結果を出さなくてはならない。
来季は参戦2年目にして、表彰台の常連は当たり前、
優勝が絶対条件となる緊張のシーズンを迎える。


【シューマッハ】
話題の多かった今季だが、開幕前から全てを掻っ攫った復活劇。
それだけにその成績は大いに注目され、賛否両論が飛び交った。
3年のブランクと、現代F1の進化の速さを考慮すれば、
今季の成績はまずまず妥当、もしかしたら上出来だったのかも知れない。

しかし全盛期の彼を知るF1ファンは、今季程度の成績を期待していたはずもなく、
表彰台ゼロ、チームメイトに大敗という結果に失望したのが正直な所。
問答無用の来季、成績次第では途中解雇もありうるF1。
生ける伝説の彼とて例外ではない。


【ロズベルグ】
若手ながらもクリーンかつクレバーなドライバーで、
特に一発の速さは誰もが認めるところ。
待望のワークスチームからの出走だったが、マシンパワーは期待には程遠かった。

彼のキャリアでも最強のチームメイトを迎えたが、難なく圧倒してみせた。
チームに初の表彰台ももたらすなど、貢献度も大きい。
しかし優勝を先にシューマッハに奪われることになれば、
一気に主導権を握られる恐れがある。

シューマッハの本当の怖さがこんなものではないことは、
身近にいるロズベルグが誰よりも感じている。
posted by 管理人 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42247643
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック