2010年12月20日

2010総括 マクラーレン

【チーム】
コンストラクターズ2位を獲得して、昨季の体たらくから躍進を遂げた。
首位レッドブルともさほど離されていないが、
本当にそれほど速かったのかという気もする。
序盤こそFダクトでアドバンテージを築いたが、
中盤以降は各チームに真似をされて優位性を失った。

それでもドライバー2人が王座争いに踏み止まったのは、
まさに彼らの実力だったように思える。
チャンピオンタッグはダテではなかった。

一方で、1989年のセナ=プロスト以来のチャンピオンタッグだったが、
結局王座を逃したことで、過去6回あったタッグの中でも、
最もショボいチャンピオン2人であることを証明してしまった。

【バトン】
王座を獲ったベッテル以上に評価を上げた人物。
特に日本では、昨年まで琢磨狂信者によって
執拗なネガティブキャンペーンを張られていたため
バトンの評価は著しく貶められていた。
今後は日本でも正しく評価されることでしょう。

しかし純粋な速さではハミルトンに劣るため、
来季もレースペースでチームメイトを上回れるかが鍵。

【ハミルトン】
現役王者だったバトンを予選で圧倒し、その速さにもはや疑問の余地なし。
決勝でも、時に爆発的な速さを見せるが脆さもあり、
結果的にバトンに差を詰められてしまった。

またかつてのようにチーム全体からのバックアップ、
すなわちナンバーワン待遇も望めない。
クソガキの様だった言動も、すっかり大人しくなったが
来季チームメイトで争う事態になったら、果たして冷静でいられるか。
posted by 管理人 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42177672
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック