2009年09月21日

ストーブリーグ

ライコネンがマクラーレン復帰との噂。
なるほどその手(古巣)があったかと。
事の発端はアロンソのフェラーリ加入。
これではじき出される形となったライコネンの去就に注目が集まっていた。

しかしこれでハミルトン-ライコネンという89年のセナ・プロ以来のチャンピオンタッグが見られるのならばそれは楽しみ。
ハミルトンはアロンソも手を焼いたドライバーで、しかも当時より確実にスキルアップしている。
ライコネン同郷のコバライネンは、とうとうハミルトンの尻尾すら掴めなかった。

果たしてライコネンはどう戦うのか。
posted by 管理人 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | F1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32291982
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック