2015年05月02日

王座経験者のチームメイトを倒す

王座経験者のチームメイトを破って、初戴冠したドライバーは歴代で5人しかいない。
1951年のファンジオ(チームメイトはファリーナ)
1952年のアスカリ(チームメイトはファリーナ)
1967年のハルム(チームメイトはブラバム)
1985年のプロスト(チームメイトはラウダ)
1988年のセナ(チームメイトはプロスト)

ファンジオとアスカリは名選手だが、F1創成期すぎて参考にはならない。
その点、残る3人は相当困難な状況で初戴冠を成し遂げたと言える。

つまり、今年こそ王座獲得を目指すロズベルグは、現役王者5人もやったことのない偉業に挑戦していることになる。
それほどまでに王座未経験者がチャンピオンのチームメイトを倒すのは難しい。

 
posted by 管理人 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2015年01月20日

チャンピオンタッグ

王座経験者同士がチームメイトになる。
1950年のF1開始から2009年の60年間でたったの5例しかなく、そのどれもが1年限りで終わってしまったまさに夢の組み合わせ。

ところが2010年〜2012年、そして2014年以降と、ほぼ毎年チャンピオンタッグが誕生している。
今季2015年に至っては、同時に2組も誕生する異常事態。
これを群雄割拠と捉えるか、あるいはどんぐりの背比べと捉えるか。

先の5例では、タッグを組んだどちらかが、必ずその年の王座を手にしていた。
しかし近年の4例は、どちらも王座を逃す不甲斐ない結果に終わっている。
このままでは後世に2010年代を振り返る時、チャンピオンがぞろぞろ居るだけのどんぐりの背比べ時代と言われかねない。
2015年はフェラーリ、マクラーレンの4人に期待したいところ。
 
posted by 管理人 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2013年04月19日

登場人物列伝(CT2)

人物追加。

初めて日本人を掲載。
原作キャラばかりです。
posted by 管理人 at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 更新

2013年01月29日

マスクの効果

2013年01月23日放送の『ためしてガッテン』
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20130123.html

2009年10月号 [インタビュー]『外岡立人氏』
http://facta.co.jp/article/200910044002.html

外岡氏は接触感染(自分の手で顔を触る)時のマスクの予防効果には言及していないので、片手落ちの議論ですね。

しかし結局の所、人は自分にとって都合の良い方の主張を支持するもので。
マスクなんて面倒臭いという人は外岡氏の主張を振りかざし、マスクをしない人を不衛生・無精だと感じる人はガッテンの主張を根拠にねじ伏せようとするでしょう。

posted by 管理人 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年08月18日

いつまでも、汗を忘れない。



夢だった
どうしても叶えたかった
大人になったら間に合わないと思った

失敗は怖くない
怖いのは諦めてしまうこと

STILL SIXTEEN
ポカリ スエット


今でも忘れられないCM。
森君のライディングと、BGMの疾走感のハイレベルなマッチング。
約束された将来よりも、不確定の未来を選んだその生き様が、僅か30秒で見事に表現されている。
当時1998年。本当に素晴らしい作品でした。
posted by 管理人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年07月22日

裁判官の保険

「まれにみる悪逆…」女児乱暴の男 懲役20年

記事を読めば、なるほど犯人による鬼畜の所業。
さすがは裁判官、よくぞ言った・・・と思いきや、求刑25年よりも5年削ってるじゃないの。

「まれにみる悪逆」とか本気で思ってるのか実に疑わしい。
威勢のいいこと言いながら、結局は恒例の8掛け通りにやってるし。

凶悪事件で「酌量の余地無し(キリッ」とか判決文でバッサリ切り捨てて、「オオッ!」と期待したら無期懲役だったり。
求刑超えどころか、求刑通りすら出来ないなら、判決文で恰好つけないでほしいね。
裁判官に求めてるのはそんなことじゃないし、遺族だって「量刑は軽いけど、裁判官が厳しいこと言ってくれたからまぁいいや」とはならんでしょ。
posted by 管理人 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年01月29日

2011年総括 マクラーレン

【チーム】
トータルバランスは優れていたが、一発の速さではレッドブルに数歩及ばなかった。
2012年も食い下がるだろうが、上回れるかは疑問。
ドライバーの面子は3強の中でもトップだけに、後はマシンの仕上がりなのだが。

【バトン】
対チームメイト無敗を誇っていたハミルトンを遂に倒した。
昨年以上に評価を上げてまさに今がキャリア絶頂期。
ここ1、2年が王座奪回には絶好の機会だろうが、いかんせんベッテルが強すぎる。
2012年もハミルトンを決勝成績で上回ることが当面の目標。

【ハミルトン】
王座奪回どころか、まさかのバトンに敗北。
ここ数年収まっていた批判も噴出して厳しいシーズンとなった。
ただ純粋な速さでは相変わらずバトンを圧倒しているので、後はそのアドバンテージを決勝につなげたい所。
2011年の屈辱を糧と出来たかどうかが問われるシーズン。
posted by 管理人 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2012年01月28日

2011年総括 レッドブル

【チーム】
最速マシンであることは間違いない。
ただトータル面ではぶっちぎりの最強ではなかった。
それでも鬼才ニューエイと王者ベッテルが来季も席巻することに疑いの余地無し。
連覇への障害はライバルチームではなく、FIAの嫌がらせだろう。

【ベッテル】
予想以上に大差をつけての連覇。
元々才能のある者が、実績を積んで余裕が出来るとこうなるという好例。
来季はシューマッハ以来の3連覇に挑む。
ケガやアクシデントでも起きない限り、もう王座は約束されている。

【ウェバー】
こちらは予想通りチームメイトに差を付けられて評価を落とした。
契約は2012年で終わり、王座を獲らなければ放出は間違いない。
ベッテルに一泡吹かせて中堅チームに移籍するか、グッドルーザーとして美しく引退するか。
posted by 管理人 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2012年01月11日

ライコネンの復帰

本当に復帰することが決まったが、出走先はウィリアムズではなくロータスだった。
3強+メルセデスのシートが埋まっている状況では、確かにこれしかない。
2011年は後半こそ失速したものの、ロータスはコンスト5位のチーム。
少しでも戦闘力のあるマシンを求めるなら次善の選択だろう。
だが2012年のロータスはルノーのカスタマーに成り下がるため、入賞が精一杯かも知れない。

しかしライコネン自身を取り巻く状況は案外悪くない。
先行復帰組のシューマッハがレース勘を取り戻すのに2年を要したため、ライコネンの成績がパッとしなくても丸一年ぐらいは大目に見てもらえるはず。
またチームメイトも同じく復帰組で、新人同様のグロージャン。
ニコと組まされたシューマッハよりも、比較対象としては組みし易い相手だ。

ただしライコネンとて1年かけてのんびりとリハビリはしていられない。
2013年にはレッドブルとフェラーリのシートが1つずつ空くため、何としてもそこに飛び込まねば王座に返り咲くことはもはや不可能となる。
フェラーリはかつて解雇された経緯もあるので、事実上レッドブル一択。
ウェバーの後釜として密約があるならまだしも、実力でシートをもぎ取るとなればそれなりに結果を求められるシーズンとなる。
posted by 管理人 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | F1

2011年11月06日

ライコネン復帰の可能性

にわかに持ち上がった来季からのライコネン復帰の噂。
次戦アブダビGPで正式発表されるらしい。

勝てるチーム以外で走るのはイヤだと言ってF1を去ったライコネンが、
入賞すら難しい今のウィリアムズで走るかぁ?
2年間の放浪生活で価値観や人生観が変わったとも考えにくい。

と、当初はこの噂に非常に懐疑的でした。
でも今のライコネンとレッドブルの強い繋がりを考えると、
2012年ウィリアムズ → 2013年レッドブル移籍
というシナリオも十分ありえる。

今のF1はテスト走行が厳しく制限されているため、一度離れるとカンを取り戻すのが大変。
シューマッハですら2年もかかってしまった。

そのため2年のブランクがあるライコネンに、まずは1年間ウィリアムズでリハビリさせて
その後にベッテルとチャンピオンタッグというのは、プロモーション上手のレッドブルなら実にやりそうなこと。
隔年男のライコネンにとって、2013年はやる気を出す奇数年でもあるし。

そこまで考えればこの復帰の噂、意外とありえるかも知れません。
posted by 管理人 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | F1